スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ変更はほどほどに。


天使と悪魔 観てきました。



水曜だからレディースデイ。

おばさまたちがいっぱいのなかワタクシ一人で映画鑑賞。
一人の方が観やすいときもアル。


あ!ハリポタ予告が流れてさ
あまりのダークさに泣きそうになった。
これホラー、うん。怖いなんて思いながら観てました。

7月見に行こう!!!これはママと一緒に♪




さて感想文。
めんどいので箇条書き。


・本で上官の部分が開始10分で終了。

・セルンで殺されたのはヴィットリアの父ではなく同僚。

・反物質プロジェクトを知ってる人は大勢。

・重要人物なのにコーラーが出てこない。

・反物質のことをラングドンには説明してない。

・ヴィットリアとラングドンがヴァチカンに来た理由がなんか曖昧。

・オリヴェッティが最初からいい人。でヴァチカン警察の隊長ではない。

・隊長は原作に登場しない全く知らない人。

・スイス衛兵隊の服がかわいい。

・ベルニーニの作品が綺麗。

・ユアン・マクレガーが素敵。

・コンクラーベの一番偉い人の態度が原作よりデカイ。

・ユアンが暗いところを歩いてたらオビ=ワンにしか見えない。

・で、素敵。

・ハサシンが意外とかっこよかった。

・あ、ロシェもでてこない。

・レポーターも出てこない。重要なのに。

・最初から脅迫文来ましたなんて言っちゃって。

・枢機卿達が殺されるところは結構グロい。

・earthのはちょっとキツイな。

・4人目の枢機卿が生きてた。で最終的に次の教皇になっちゃった。

・四大河の噴水でハトをすぐに見つけた。

・なぜハサシンが殺されたかの理由が全く不明。

・イルミナティ・ダイアモンドの形、変わりすぎ!
 あれじゃ意味ない!!!!

・ラングドンがヘリに乗らない。

・カメルレンゴの最期が観客の前じゃない。
 あれがよかったのに。

・カメルレンゴと前教皇の関係が全く描かれてない。

・なんで殺されたかも、だれが殺したかも。

・きっとオトンが観たら「何で?何で?」言うと思う。

・てか、ハサシンのあのパソコンの意味は何?

・最後はラングドンが「図表」を借りておーわり。

・てか、4つの詩が書かれたページは何処いった?

・なんか愚痴ばっかの感想文になっちゃった。

・ベンジャミンより好きです。

・とりあえず原作とは別だ。と思った。

・あれだけ変更して作者は怒んないのか?って思った。

・ネット使いながら観たい。

・いつかは啓示の道行ってみたいねー。

・自分の目で見てみたいねー。

・で、辿ってみたい。

・以上!






DVD出たら買おうかなー。
オトンが観たがるかもなー。

解説がついてたら嬉しい、かも。


スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まみ

Author:まみ
年齢:はたち+一歳
誕生日:AUGUST 24th
性別:一応女
職業:だいがくせー
趣味えーが・おんがくかんしょー。

+あるふぁ
にしきどりょーと
あかにしじんをひっそり応援。←

外国人俳優さんがた
すきすき。

最近、第2次BUMPフィーバー中。
彼らの歌が好きすぎます。


基本自己満です。

「なんとかなるさ
 心配はないさ」
がもっとーです。



ひとりごと

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。